【感想】『トークいらずの営業術』を読んでみた メンタリストDaiGo【書評・要約まとめ】

トークいらずの営業術

こんにちは!

只今、書評100冊チャレンジ中の、ひでまる(@hidemaru727)です。

 

今回44冊目は、メンタリストDaiGoさんの『トークいらずの営業術』を読んでみました。

 

ひでまる
ひでまる

ちなみに言うと、僕は営業が超苦手・・・(泣)

 

しかし、これからの個人で生きる時代には「営業力も鍛えねばー!」と思い、今回手に取ってみました。

「トーク力いらずの営業」というのが本書のテーマですが、心理テクニックも交えた解説も多くあり、読みやすい1冊でしたよ。

 

 トークいらずの営業術

 

この本はどんな人におすすめ?

・営業のスキルを上げたい人

・トーク力に頼らない営業術が知りたい人におすすめ

 この本で学べることは?

・営業力をアップさせる基礎知識とノウハウ

・営業に必要な5つの力

 

それではサクッと、

アウトプットの意味も込めて、読んだ感想をまとめておきます(^^ゞ

 

【発表】メンタリストDaiGoのおすすめ本【この3冊で決定です】
どうも、読書大好きの、ひでまる(@hidemaru727)です。 只今、書評100冊にチャレンジしていまして、毎日本を1冊以上読む生活を送っています(^^ゞ そんな中、メンタリストDaiGoさんの「自分を...
Sponsored Link

「トークいらずの営業術」を読んだ感想

トークいらずの営業術

それでは、読んだ中から参考になった部分を3点紹介します。

 

 本書の中で参考になった3つ

①:営業の基本は「買いたい人」に売る

②:2万5千ドルの価値があるTODOリスト

③:ソーシャルプルーフと権威効果

 

1つずつ書いていきます。

①:営業の基本は「買いたい人」に売る

当たり前に思う内容かもですが、営業の基本として「買いたい人」に売る。

この基本を押さえておくことは、すごく重要な視点だなと読んでいて感じました。。。

 

考えてみたら理解できることなんですけど、そもそも買う気がない人に営業をかけても時間の無駄ですからね。

トーク力を駆使してそこで買わせたとしても、お客の心の中に「買わされたな…」という気持ちが残るリスクもある。

 

なので、営業でより成果を上げるなら、いかに「買いたい人」を見極めるか。

 

ひでまる
ひでまる

この見極めが大事なんだよなーと、頷きながら読みました(笑)

②:2万5千ドルの価値があるTODOリスト

そして次はよくある「TODOリスト」の話ですが、あらためて重要だなと思ったので書いておきます。

その名も「アイビー・リー・メソッド」です。

聞いたことありますか?

 

 手順は以下の3つです

①:まず紙に「明日やらなければならない重要な仕事」を6つ書き出す

②:その6つの仕事に、重要な順に番号をつける

③:翌日、このメモを取り出し、1から順番に仕事を片付けていく

 

このやり方は大成功を収めた実業家が2万5千ドルの価値があるとして、100年経った今でも多くの人が実践している方法です。

 

また、この方法を実践するときに、成果を上げるコツが3つあり、

・1つ目は、内容を具体的に書くこと

・2つ目は、6つのリストは前の日に作っておくこと

・3つ目は、1つのことが終わるまで、次のことには手をつけないこと

 

この3点が成果を上げるコツとのことでした。

 

ひでまる
ひでまる

実際にDaiGoさんも実践している方法ということで、僕も早速取り入れてみましたよ。

③:ソーシャルプルーフと権威効果

そして最後は「相手の心を動かす話」が、参考になりました。

その中で特に覚えておきたいなと思ったのが「みんながやっている」というお客への伝え方の部分と、権威効果についてです。

 

 具体例で挙げると

・「多くの専門家たちが推薦している」

・「研究者のほとんどが使っている」

 

このような感じ。

本書の中ではこういった内容を「ソーシャルプルーフ(社会的証明)」と書いてありましたが、参考になりましたね。

 

 トークいらずの営業術

Sponsored Link

【書評】「トークいらずの営業術」の概要について

トークいらずの営業術

ではサクッと概要も。

営業に必要なのはトーク力ではない

本書は2016年3月に発売された、メンタリストDaiGoさんの「トーク力を必要としない営業術」が学べる1冊。

 

 目次(コンテンツ)はこんな感じです。

第1章:デキる営業はトークに頼らない

第2章:観察力で情報を引き出す

第3章:判断力を鍛えて確実に売る

第4章:行動力でチャレンジ回数を増やす

第5章:説得力は言い方の技術

第6章:忍耐力で現状を変える

第7章:勝てる営業になる

 

本書は第7章で構成されていて、

・営業の決め手はトーク力ではない

・営業は「買いたい人」を見分けるだけ

・売り子に学ぶ、客を逃がさない工夫とは?

 

など、「営業について自信がない人」でも営業で結果を出すための内容から、

営業でより成果を出す方法として

・トークが下手でも説得力を高める方法

・売らない判断があなたの売上をアップする

・本当のクロージングは成約のあとにある

まで、営業で売上を伸ばすためのノウハウが多く紹介されています。

 

 こちらがAmazonの概要です。

営業に必要なのはトーク力ではない。

「モノを売るための絶対法則」を明かす、DaiGo初の営業本。営業トークに頼らずに契約を取り、商品を売る「5つの力」を紹介。

ほんの少しやり方を変えるだけで、誰でも驚くほど売上げが伸びます!

参考:トークいらずの営業術

 

ひでまる
ひでまる

内容、分かりやすいのでサクサク読めると思います。

 

 トークいらずの営業術

Sponsored Link

【書評】「トークいらずの営業術」を読んだ感想【要約まとめ】

というわけで、書評100冊チャレンジ、

今回44冊目は、メンタリストDaiGoさんの『トークいらずの営業術』を読んでみました。

 

再認識させたれたのは、

・営業を成功させるために必要なのは、まず「欲しいと思っている人を見抜くこと」。

・そして「買う側にメリットがあると思わせること」

 

この2つですね。

僕のように営業を1から見直したいと思う人なら、読んで損はない1冊だと思います(^^ゞ

 

というわけで今回は以上です。

どうも、ひでまる(@hidemaru727)でした。

 

 トークいらずの営業術

 

※なお、DaiGoさんの本を15冊以上読んだ中で、特に良かった3冊を以下のdaigoおすすめ本まとめページに書きました。

よければこちらも合わせて参考にどうぞ。

【発表】メンタリストDaiGoのおすすめ本【この3冊で決定です】
どうも、読書大好きの、ひでまる(@hidemaru727)です。 只今、書評100冊にチャレンジしていまして、毎日本を1冊以上読む生活を送っています(^^ゞ そんな中、メンタリストDaiGoさんの「自分を...

 

人気記事【必見】オーディオブックを無料で聴きたい人に送る【今すぐ1冊聴こう】

人気記事【残念】Audibleの評判はあまり良くない件【口コミを調べた結果】

コメント

タイトルとURLをコピーしました